こうすればカラーリングの持ちが変わる

ヘアカラーで染めた髪の毛というのは、特に染めた直後というのは、きれいに発色してイメージもガラッと変わったようになります。

ですがカラーリング直後はきれいに見える、このヘアカラーした髪も、実は見えない髪の内部ではヘアカラー剤がしっかり定着していなくて、不安定な状態にあるのです。

ということは、きれいに染まって見えるカラーリングした状態の髪は、扱い次第ではせっかくの発色が台無しになってしまう可能性もあるのです。

ちなみにヘアカラーをした髪の毛というのは、落ち着くまでに1週間前後は必要とされています。

ということは、その1週間をいかにケアするのかで、その後の発色にも影響を与えるという事になります。

では大事な1週間…どのようにケアすれば、また、どのような事に注意すればいいのでしょうか?

まず1番最初に注意してもらいたいのが、シャンプーについてです。

シャンプーというのは知っていると思いますが、すごく洗浄力の強いものから、洗浄力のマイルドなタイプまであります。

洗浄力の強いタイプで、ヘアカラーを行った髪の毛を洗髪すると、一体どのようになるのかというと、せっかく髪の毛にカラーリングをしたのに、その薬剤まで落としてしまうという事になるのです。

こうなると、いくらキレイにカラーリングが出来たとしても、薬剤が定着する前に落ちてしまいます。

このようにしない、ならないためにも、洗浄力の強いシャンプーで洗うのは、控えておくといいでしょう。

また、ヘアカラーは髪の毛が傷むと考えている人がいますが、確かに配合されている成分によって違いはあります。

ヘアカラーと髪の痛みについて説明しているサイトをご紹介しておきますので、ヘアカラーをよくおこなう方は参考になさってください。
ヘアカラーについて l 髪のせんせい